実績に基づくノウハウを活かし、事業者様をサポートグルホ事業に参画しませんか? 実績に基づくノウハウを活かし、事業者様をサポートグルホ事業に参画しませんか?

障がい者
グループホーム
とは

グループホームとは障がいのある方が世話人や生活支援員等からサポートを受け、地域の中で 少人数で暮らす住まいです。戸建て、マンションやアパートなどの住宅を利用し設置します。 グループホームは、正式名称を「共同生活援助」といい、障がい者総合支援法に基づく福祉 サービスの一つとして運営されています。

障がい者グループホームは
国や地域から
期待値が高い

2005年に「障がい者自立支援」が交付され、2013年に現在の「障がい者総合支援法」が成立。
さらに、2018年、2021年に法改正が行われ、地域移行の方向性は継続的に謳われています。 「どんな障がいをお持ちでも、自分らしく地域で暮らしながら、生活の質を高めていくこと」 ができるグループホームに今後も期待が高まっています。

01
基準緩和でグループホームへの追い風

平成30年6月に公布された法改正により、グループホームの建築基準が緩和されました。今まで戸建住宅をグループホームの基準に合わせるには、大規模な改修工事が必要でしたが、法改正により工事・手続きが合理化され、転用がしやすくなりました。増加している空き家の活用もでき、住宅街に立地している戸建は、グループホームに適しています。

02
開業にあたって国からの助成金も

厚生労働省では、グループホームの設備を促進するための整備費の助成やグループホームを実施するにあたっての借上げに伴う敷金・礼金の助成を、事業者に対して行っています。(金額は都道府県によって異なる)

03
国施策での利用者増加

国の施策として入所施設より地域移行を進めており、年々着実に進んでいます。そのため、 さらなる生活の場所が必要とされています。グループホームはその社会資源として最たるもの であり、その需要は年々高まっています。

あなたもグルホ事業に
参画しませんか?

実績に基づく
ノウハウ
を活かし、
事業者様をサポートします

グルホネットを提供する株式会社インクルージョン福祉総研はグループ会社の中で、障害福祉サービスを8つ展開しております。これらの実績に基づくノウハウで、400社以上の福祉事業のコンサルティングを行ってきました。

立ち上げから運営までサポート 立ち上げから運営までサポート
  • 立ち上げから運営までをサポート 立ち上げから運営までをサポート
  • あらゆる課題をワンストップサポート あらゆる課題をワンストップサポート
  • グルホ事業の専門家がサポート グルホ事業の専門家がサポート

全国の土地オーナー様から運営依頼の応募多数!

さまざまなネットワークから土地物件の情報が来ております。ここに表示されている情報はごく一部です。
詳しい情報はお問い合わせください。

まずはご連絡ください

事業者様のビジョンや目標、目的に沿った土地、物件を紹介いたします。まずはお気軽にご連絡ください。