グループホームの年齢制限ってあるの?

障害者グループホームには様々な障害を持たれている方、様々な年齢の方が過ごされています。
今回は年齢にフォーカスし、年齢制限ってあるの?について書きたいと思います。

障害者グループホームは何歳から入居できる?

障害者グループホームは、一般的に18歳から入居が可能となります。

ただし、自治体が適当と認めた場合、15歳以上でしたら条件によっては入居も可能です。

実際に、18歳以下の入居者の方って特例なのでなかなか例がないんだって。
そうだよ。利用が認められる条件も市区町村によっても変わるし、一律の基準もないんだ。利用にあたっては児童相談所と市区町村の障害福祉課が希望者の状況を鑑みて利用を認めているんだよ。

障害者グループホームは何歳まで入居が可能?

では、実際、障害者グループホームは、何歳まで入居が可能でしょうか?

身体障害をお持ちの方は少し注意が必要です。
身体障害者の方は、65歳未満または65歳に達するまでに障がい福祉サービスを利用していた方となっています。

精神と知的の障害を抱えている方は65歳以上でも入居は可能です。

ただし、65歳以上になると、介護保険上存在しないサービス以外は介護保険に移行を求められることがあります。
グループホーム自体は介護保険上にないサービスですので、基本的には利用ができることが多いですが、グループホームで居宅介護を受けられている方は訪問介護に移行を求められるかもしれません。
自治体により見解が違うこともありますので、お住いの自治体にご確認下さい。

65歳問題と障害者サービス・介護保険サービスの違い

障害福祉サービスは収入の差で費用を負担する「応能負担」で、市町村民税非課税者などの低所得世帯は利用負担はありません。

介護保険サービスは、受けたサービスに応じて費用を負担する必要になります。

上記のように、障害福祉サービスと介護保険では費用負担が変わり、介護保険で存在しないサービス以外は基本的に介護保険に移行されることがあります。
それゆえ、65歳以上になると負担が増えてしまい、金銭的な事で、今まで受けていたサービスが受けることができなくなる事例もありました・・・
これが65歳問題と呼ばれています。

現在は少しづつではありますが、共生型の施設ができたり、平成30年から介護保険サービスの利用者負担の一部が払い戻しされる制度が始まるなど、利用者さんの負担をできるだけ減らそうとしている取り組みがあります。条件や制度があるので確認が必要です。

まとめ

障害者の方がグループホームに入れる期間は、身体障害者の方は65歳まで。

知的、精神障害者の65歳以上の方は、介護保険との関係もありますので、お住まいの市区町村に相談することをおすすめいたします。

次回は『グループホームのルールってあるの?』についてお伝えします!

ご質問はお問い合わせから、ドシドシお待ちしております!!

関連記事
・そもそもグループホームってなあに??
・グループホームでの費用ってどれぐらい?
・障害者グループホームに入るメリット、デメリットを教えて!
・グループホームへ入居に必要なもの教えて!
・高齢者グループホームと障害者グループホームの違いって何??
・グループホームってどんなサービスをしてくれるの?

グルホネット編集部
グルホネットのコラム、取材記事といったコンテンツ作成を担当しています。就労継続支援A型に勤務されている利用者さんといっしょに作成しています。